初期費用は家賃の何倍にも膨れ上がる

賃貸物件を借りるときには膨大な金額の初期費用を払わなければならないのが一般的です。通常は家賃の三倍以上はかかってしまい、高い場合には一年分近く払わなければならないので注意しましょう。賃貸物件を探すときには初期費用がいくらくらいになるのかも想像しながら比較した方が良いかもしれません。新生活を始めるときには引っ越し費用や家具や家電の購入費用などもかかるため、出費がかさんで生活が苦しくなってしまう可能性があるからです。

敷金と礼金を知っておこう

初期費用を考える上で知っておきたいのが敷金と礼金です。どちらも家賃で数ヶ月分を要求される傾向があり、合わせると半年分くらいになっている物件もたくさんあります。敷金とは預け金で、何かトラブルがあったときにそこからオーナーや管理会社が費用を工面する仕組みになっています。多いのは家賃の滞納対策、原状回復の際の費用工面という二つです。家賃を十分に払える収入があるなら敷金は交渉次第で減らせることもあります。

一方、礼金は預け金ではないので使わなかったら返ってくるというものではありません。礼金は物件を貸してくれるオーナーへのお礼のお金です。これが三ヶ月分以上もあるような物件もありますが、最近は借手市場になっているので払わなくても良いという物件も増えてきました。交渉次第ではゼロにできる可能性もあるので話を切り出してみましょう。人気のない物件の場合には特に礼金交渉がうまく行く可能性があります。

旭川の冬は厳しい寒さです。旭川の賃貸物件を選ぶなら断熱材が入っているなど寒冷地対策がしっかりできていないとストーブの燃料費が高くなります。また、水道管凍結の心配もあります。