通勤通学の負担を減らす

立地の良し悪しを考えるにあたって、大事なのはやはり通勤通学をしやすいかどうかですよね。毎日行う移動が苦労をしやすい場所では、日々の負担が大きくなるのも明らかです。会社への行き来に不便はないか、学校へいく子供が通いやすく感じる場所なのかなど、生活を踏まえた判断が求められます。そしてできれば、普段の生活通りに移動を経験してみるのも良いでしょう。日中に見る分には道路も空いており通いやすいこともありますが、朝の時間帯は通勤通学ラッシュで混雑し、予想以上に時間が掛かることもあるのです。

必要な施設の近くが嬉しい

スーパーや保育園、病院などへのアクセスのしやすさもチェックしておくようにしましょう。スーパーへの買い出しをする際にも、移動に苦労する立地では不便になり得ます。子供を保育園に預ける時や病院にかかる時も同様で、スムーズにアクセスができないのは苦労の元です。生活圏内の施設情報をよくリサーチをし、これから暮らす上での支障がない場所なのか確認しておくことが望ましいですね。

周辺環境も隈なくチェック

物件を取り巻く環境もよく確認しておきたいところです。例えば、日当たりの良さはどうでしょう。特に低層階ですと、周辺の建物に日差しが遮られるなどすることがあります。住んでみたら意外と日当たりが悪く、洗濯物が乾きにくい、部屋が暗くなりやすいなど、ストレスを感じることもあるのです。騒音の元になりそうなものがないかのチェックも大切ですね。線路や幹線道路、工場などがあると音をうるさく感じられるかもしれません。音に敏感な人もいると思われますので、許容範囲なのか考えてみましょう。

小牧は「尾張野の四季の恵みが実感できるまち」を提唱しています。環境に恵まれた小牧のマンションは安心して一生暮らせる住処です。