おしゃれと快適は共存できる

おしゃれな家と、快適な家は全く別物と思ってはいませんか。実は、その両端にいる二つのポイントを共存させるためのポイントがあります。

窓にこだわってみよう

窓から明るい光や心地よい風が入ってくると、家の中でいる間とても気持ちが良くなりますよね。ですが、おしゃれな空間にする為には、ただ窓をできるだけ付ければよいというものではありません。その窓の形やサイズ、付ける位置にこだわってみましょう。

横長の窓を壁の高い位置に付けるハイサイドライトや、逆に低い位置に付ける地窓は、天井や床に延びる光がきれいで、おしゃれに見えます。そして、人の目線の高さとは異なる高さに窓を設けることで、外側からの視線を気にする必要もなくなります。また、縦スリット窓を連続して設けるなどすると、シャープさやスタイリッシュさを生むことができます。さらに、リビングなどにとりあえず設けてしまいがちな大きな掃き出し窓も、通常ではどちらか片側しか開けることができませんが、ワイドオープン窓にすればさらに大きく開けることができ、より開放感を味わうこともできます。南国のような雰囲気や、ヨーロッパのような雰囲気にしたい時にも上手く合います。

外観も忘れないようにしよう

窓を考えたら、家の外観がどうなっているかにも注目しておきましょう。窓の取り付け位置のラインがバラバラであったり、外壁の貼り分けデザインと窓の位置がうまくマッチしていなかったりすると、おしゃれさは減ってしまいます。立面図やパースなどで確認しておくようにしましょう。

年収600万円以上の家庭におすすめと言われている価格帯です。3000万の家でも、ある程度の設備を高価なものにしたりおしゃれなデザインにする等、満足のいく住宅を建てられると人気があります。