計画性を持った間取り

建て売りの一戸建て住宅の場合、基本的にはすでに出来上がった家を購入することになるため、間取りに関しても家の建築に使われている資材に関しても、すべて施主の思い通りというわけにはいかないものです。大抵の場合、どこかで妥協するポイントが出てくるでしょう。しかし、せっかく購入する夢のマイホームですから、妥協せずに理想通りのマイホームを購入したいところです。特にポイントになってくるのが収納部分です。一般的には部屋の広さや部屋の数にこだわってしまいがちですが、生活していく上では収納がとても大切です。注文住宅であれば、部屋の広さや部屋数はもちろんのこと、収納の広さ、場所の確保も希望通りとなりますので、住みやすい家が完成します。

将来のことまで考えてみる

注文住宅で家を建てる場合は、今現在の家庭環境も大切ですが、将来の家族構成なども考えた上で間取りや収納などを検討していくのが良いでしょう。これから将来的に家族が増える場合もあるでしょうし、子供のいる家庭であれば子供はすくすくと成長していきます。家族それぞれの部屋の確保だけではなく、荷物の量もどんどんと増えていきますので、収納は十分すぎるぐらいの広さを確保しておきたいです。それぞれの部屋に収納を作るだけではなく、ゆとりがあればグルニエを作ってみるのも良いでしょう。グルニエが一つあれば、捨てたくはないけど取っておきたい荷物や一年を通してたまにしか使わないものを保管する場所としてはうってつけです。

福岡市東区、新宮町、古賀市、粕屋町、福岡市西区、糸島市などが福岡の注文住宅で人気のエリアです。南側の春日市や大野城市も人気ですが、すでにかなりの密集地域のため、人気は少し落ち着いているようです。