光や風を活用しやすい

住宅には屋根や壁があり、それらがあるからこそ雨や熱を遮れます。ただ屋根や壁があるがゆえの問題もあり、室内の暗さに対応するための照明や夏の暑さ対策のためのエアコンが必要になります。狭小住宅は通常の宅地よりも狭い土地に建てる住宅で、地価の高い都市部で安く家を建てたいときに検討するかもしれません。土地が狭いので住宅も小さくなりあまりメリットが感じられない気もしますが、一般の住宅と違うメリットがいろいろあります。その一つが光が取り入れやすい点で、窓をうまく配置すれば昼間は照明をつけなくても明るく過ごせるでしょう。さらに狭いがゆえに空気の入れ替えがしやすいメリットもあります。風通しのための窓を設置すれば、エアコンなしの生活も可能になるでしょう。

家族との距離を縮められる

狭いアパートを抜け出して一戸建てを建てようとするとき、家族それぞれが自分の部屋を持てる家を探すかもしれません。それぞれが部屋を持てるのはいいかもしれませんが、それによって家族同士の交流が少しずつ減る可能性もあります。狭いながらも仲良く暮らしていたアパート生活に戻りたいと感じるようになるかもしれません。もし家族仲良く暮らすための一戸建てを建てるなら狭小住宅を検討してみましょう。狭小住宅でももちろん家族それぞれの部屋を作れます。ただ部屋と部屋との距離が近くなり、一般的な住宅に比べると家族同士の交流は保ちやすいです。各部屋から外に出るときに必ずリビングを通る設計にして、家族同士の距離ができないようにしましょう。

狭小住宅は床面積が狭く、居住空間を複数の階に分けて置く造りです。そのため、バリアフリー化の障害となる段差や階段が多く、リフォームは非常に困難と言えます。