賃貸住宅はどのような造りとなっているか

北海道でも道南地方に位置する室蘭や登別。このエリアは北海道内でも太平洋側に近い地域であり、比較的冬の積雪量は少ないといわれています。しかし、それでも冬の平均気温は氷点下となり、本州に比べると寒さが厳しいです。そのため、室蘭や登別の賃貸住宅は、北海道仕様の工夫された造りとなっています。高い断熱性と気密性が最大の特徴であり、壁の内部や天井裏、さらには床下に分厚い断熱材がたっぷり詰め込まれています。窓ガラスも特徴的であり、2枚の強化ガラスを合わせ、その間を真空にしたペアガラスと呼ばれるサッシが普及しています。

このように住宅の気密性を高くすることで、外気がかなり冷たくなっても、暖房効率を維持しながら室内を暖かく保てるようになっています。室蘭や登別での暮らしで重要なのは、いかに冬の寒さをしのげるかということです。築年数が浅い物件ほど、素材の劣化も進んでいないため、寒さをしのぎやすいといえます。

気になる暖房費について

室蘭や登別で暮らす上で気になるのが暖房費です。オール電化の住宅も増えてきていますが、室蘭や登別の賃貸住宅における暖房のエネルギー源は灯油が主流です。住宅の規模等によって差はありますが、冬に室蘭や登別の各家庭で使用される灯油の量は、月間約200~300リットルといわれています。1リットル40円としても、月間1万円前後かかる計算です。冬の石油代がかさむというのは、室蘭や登別で暮らす宿命といえます。そのため、賃貸住宅を借りるときは、冬の光熱費を考慮しながら物件の価格を決めると良いです。

登別の賃貸は温泉地が近いため、気軽に温泉に行くことができます。札幌までは車で2時間ほどかかりますが、賃料も安いのでオススメです。