別荘ってどんなところ?

別荘と聞くとお金持ちが持つものというイメージがありませんか。海外、主にヨーロッパなどでは普通の一般家庭でも別荘を持っているのが一般的です。別荘といっても、昔おじいちゃんやおばあちゃんが住んでいた田舎のおうちをお父さんお母さんが継ぎ、そしてその孫たちが継ぐ、という風な家族の所有物でもあります。また、家族の家に置いておけないものを保管する倉庫的な役割をする部屋があったりします。

別荘では夏休みや週末に家族や友人と集まってバーベキューをしたり、別荘でしか味わえないゆっくりのんびりした時間を過ごしたり、主に日常から離れてリラックスしに行く憩いの場となっています。

別荘を持っているメリット

日本でも空き家問題が出てきている中、割と手に入りやすくなってきました。別荘は夏休みや連休、もしくは週末などの気分転換にもってこいです。自宅から場所を変えて家族で過ごす時間は、いつもとは違う特別な時間になるでしょう。日常から離れリフレッシュするには最高です。ホテルに泊まるというのはお金もかかりますし、旅行するのとは違います。

旅行ではホテルや食事をするところをプランして予約して、交通手段も調べるなど、それはそれで楽しいものですが、別荘は自分の第二の家。全てが揃っている家にいつもの交通手段で行くというのは、特に前もってプランしなくでも、今週末はあいてるからちょっと別荘に行こうかという風に気楽に行ける場所です。いつでもいける第二の我が家があるというのはとても良いものです。

八ヶ岳の別荘地では、約1000平方メートルあたりで50万円台から購入することができます。そして土地の管理費が月額1万円台です。