荷物の量はコンパクトにする

新たな住まいにアパートやマンションなどの賃貸物件が決まった場合、引っ越し準備を始めることになります。その際に知っていると役立つコツとして、荷物の量はコンパクトにするというのがあります。衣類や書籍、家電など新居に運びたい物の量は人によってバラバラですが、多くなってしまうとそれだけ手間がかかりますし、業者に依頼する場合は料金が高くなります。まだ使えそうな物や一度も使用していない物はもったいないので引っ越し先の賃貸物件に運びたくなるでしょうが、使用しなければ保管したままです。それなら荷物としてまとめる前に処分した方が量を減らせる分、コンパクトになって運ぶ作業の負担が減りますし、業者に支払う料金は安くなります。

賃貸物件の収納スペースをチェックしておく

賃貸物件への引っ越し準備で行っておきたいのは、新居の収納スペースをチェックすることです。クローゼットや押入、物置といった収納スペースの数や広さを事前に把握しておけば、新居に運ぶ荷物の量を上手にコントロールできるようになります。すると、荷物の置き場所が足りずに困ったり、スペースを余してしまったりといった失敗を防げるでしょう。スペースを余してしまうのはもったいないだけですが、置き場所が足りない状況は引っ越しが終わらないことを意味しています。そのため、新居を訪れて収納スペースをチェックすることは、引っ越しをスムーズに終えるために必要不可欠な行動なので、忙しかったとしても時間を見つけて足を運びましょう。

苫小牧の賃貸を探してみると347件もの物件が見つかります。物件の多くは苫小牧駅の近くに集中しています。このエリアでは2DKでも家賃2.5万円程度です。